記事

本年度初ミーティング~アイスブレイクとクローズト

みなさま、こんにちは、運営委員のナガノハルです。
3/12(日)に今年度初のビジネス・ミーティング(旧運営委員会)が
開かれました。
ビジネス・ミーティングは月一回、運営委員が集まり、
さまざまな議題を持ち寄って行っています。

今回のビジネス・ミーティングの大きな議題は
「【会員向け】ACW2大解剖アンケート(仮)」の実施についてでした。

先日の大会で発表にしたのですが、
「・かかわることで「元気」になれる場をつくりたい。
・一人一人が無理しすぎず、自分を助けることのできる関係作りのために。
・会員同士の顔の見える関係を作る。
・一人一人が、何をしたいのか。何ができるのか。何が得意なのか」
などなどを知るために会員向けにアンケートをとることになりましたので、
その内容についてです。

ACW2のミーティングはまず、参加者全員が各自2~3分ほどで、
「アイスブレイク~今日の気分と体調」を言ってから始めます。
アイスブレイクとは以下のようなことです。

「初対面の人同士が出会う時、その緊張をときほぐすための手法。
集まった人を和ませ、コミュニケーションをとりやすい雰囲気を作り、
そこに集まった目的の達成に積極的に関わってもらえるよう働きかける技術を指す。
wiki アイスブレイク

では、なぜ、「気分と体調」をいうのかというと、
たとえば、ミーティングに参加していて、あまり発言しないなとか、
逆に発言しすぎるなとか、ちょっとぶつかり合いが起きたなとかいうときなどにも、
「ああ、あの人は今日、調子が悪いといっていたな、そのせいかな?」と考えたりすることができ、
「元気ないみたいだけれど、ミーティング参加しててしんどくないですか?」などと、気がつけたりするからです。

やはり、ミーティングをやっている相手の状態を把握しておくというのは、
安心・安全に対話する上でとても重要なことです。

たとえば、私は、ミーティングの開始時間を間違って覚えていて、
大遅刻してしまいましたが、到着したあと、
「遅刻しちゃったのは、時間間違って覚えてて、それで焦って~」みたいな
話ができたので、落ち着いてミーティングにも参加できました。

本日は、新しく運営委員になった初参加のメンバーなどもいたりして、
皆、「発言できているかな?」「緊張してないかな?」などのことも
話し合ったりしながら、やりました。

そして、ミーティングの終わりは、「クローズトの言葉」です。
今日、ミーティングに参加してどうだったかを各自2~3分で発表します。
なぜ、「クローズトの言葉」をやるかというと、

・話し合って、その後のみなさんの体調・気分はどうなのか?
・安心・安全に話したという実感はあるのか?
・話し合って興奮した頭を静めて、日常モードにもどす
・言い残したことはないか?
・ミーティングでのもやもやを家に持ち帰らない

などがあります。

ミーティングのあとに夜ご飯を食べたりすれば、感想などを言い合えますが、
そういうことでコミュニケーションするのではなく、
ミーティングの中に収めるというのを大切にしています。

ACW2ではビジネス・ミーティング(旧運営委員会)のほかに、
会員の方(会員のお友達の方)も参加していただける、
オープン・ミーティング(旧拡大運営委員会)も年四回あります。

オープン・ミーティングはACW2の運営にかかわることを、
広く会員のみなさんの意見を取り入れようと開かれているものです。

次回のオープン・ミーティングは4/29ですので、
お友達お誘いあわせの上、参加してみてください。

カテゴリー 事務局日記

コメントは停止中です。