記事

第1回 労使関係法研究会資料

☆在宅ワークなどについて、 労働者制をめぐって

先日、在宅ワークのことがワークライフバランス論に入れられて
女性たちの怒りの話題になってましたが
早々に、労使関係研究会の見直しが始まっているようです。
規制緩和にならないように、在宅ワークも労働者であるという
主張ができるようにしていかないと、さらに低賃金労働に
追いやられていく可能性があります。下記から資料がダウンロードできます

・労使関係法研究会・資料
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=158217

コメントは停止中です。