記事

第4回「シネマde人権」12/1 @大阪 「たたかいつづける女たちー均等法前夜から明日へバトンをつなぐ」

第4回「シネマde人権」

『たたかいつづける女たち – 均等法前夜から明日へバトンをつなぐ』

講師: 伍賀 偕子さん(フォーラム 労働・社会政策・ジェンダー 運営委員)
日時: 日時: 2017年12月01日(金) 18:30〜21:30(開場18時)
会場: 大阪市立大学 文化交流センター 大セミナー室大阪駅前第2ビル6階

概要: 山上千恵子監督『たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へバトンをつなぐ~』(2017)は、男女雇用均等法成立の時期の女性たちの思いや、現代の女性労働の厳しさについて取り上げた作品です。この映画の中では、大阪市立大学名誉教授であり、女性労働研究の第一人者である竹中恵美子先生も登場し、日本の労働についての重要な解説をされています。
今回のシネマde人権ではこの映画をとりあげ、当時の労働運動について伍賀偕子さんから話題提供を受けながら、女性労働の現状について考えたいと思います。

主催: 大阪市立大学人権問題研究センター
共催: フォーラム 労働・社会政策・ジェンダー
協賛: ACW2(働く女性の全国センター) いこ☆る(働く女性の人権センター)

自主上映のご案内は、下記に詳細があります。

http://wwt.acw2.org/?p=4164

その他の地域での上映情報

http://wwt.acw2.org/?p=4232

カテゴリー お知らせ

コメントは停止中です。