記事

12/9 かもす特別連続講座第5回 「最低賃金と自立支援を問い直す~韓国の最低賃金運動から学ぶ」

女の自立支援を問い直す ~健康で文化的な生活を当たり前に


かもす特別連続講座 
第5回 「最低賃金と自立支援を問い直す~韓国の最低賃金運動から学ぶ」


●12月9日(日)13:30~16:30
●場所 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 美術室2
●内容 韓国においても新自由主義の影響により、多くの女性が非正規労働者、家事労働などのインフォーマル部門の労働、失業などにより労働市場の中心から排除されており、こうした現状を克服するために多様な取り組みが行われています。『韓国「周辺部」労働者の利害代表』(晃洋書房)の著書における女性の「独自組織」が行う自立支援の実践と最低賃金をめぐる社会的連携活動の事例を紹介し、日本における示唆を話してもらいます。
●講師 金 美珍さん(生活経済政策研究所 研究員)

お名前 連絡先、参加の回などを記載の上、 下記フォームからお願いします。 https://ws.formzu.net/dist/S24456412/

カテゴリー お知らせ

コメントは停止中です。